豊洲 新浦安 ダイエット ボディメイク パーソナルトレーニング

豊洲・新浦安で唯一 30代からのボディメイク専門パーソナルトレーニング

今すぐ実践出来る!痩せる食べ方

 


豊洲、新浦安で活動している

ボディメイク・ダイエット専門

パーソナルトレーナーの上田拓真です。

 

 

今日は『今すぐ実践出来る痩せる食べ方』をご紹介します。

 

 

 

①小皿に取り分けてから食べる

 

 

1つ目は「小皿に取り分けてから食べる」です。

 

1皿に盛る量を少なくする事が出来るので食べ過ぎ防止になります。

 

お皿の数が多いと、たくさん食べているように見えるため満足感が高まります。

食材の種類も必然的に増え、自然と栄養バランスが整うようになります。

 

 

大皿では自分がどれだけ食べたか把握出来ず食べ過ぎにつながります。

 

 

 

②食べる順番を変える

 

2つ目は「食べる順番を変える」です。

 

 

ダイエット中の方は定食のような、ご飯などの炭水化物である「主食」、お肉やお魚などのたんぱく質である「主菜」、サラダやお浸しなどのビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な「副菜、汁物」を食べるようにしているかと思います。

 

その食べる順番を変えるだけです。

 

1番最初に食べるのが野菜などの「副菜、汁物」です。

 

ポイントとなるのは「食物繊維」です。

食物繊維を食事の最初に摂取することで、太りやすくなる原因でもある「糖」の吸収をゆるやかにして血糖値の急上昇を抑えてくれるからです。

 

 

2番目はお肉やお魚の「主菜」

 

 

なんですか、ここで大きなポイントがあります。

 

副菜を食べてから主菜を食べるまで15分ほどの時間を空けましょう!

 

副菜を食べてすぐに主菜、主食を食べてしまうと胃の中でごちゃ混ぜになって食物繊維の働きである血糖値の急上昇を阻止出来なくなってしてしまいます。

 

15分空けると副菜は胃の下まで到達し、糖の吸収をゆるやかにしてくれる働きをしっかりとしてくれます。

 

 

2番目はお肉やお魚の「主菜」です。

 

身体に必要で少なくなりがちなたんぱく質は優先して食べたいです。

 

最後の方に食べようと思ったけど、うっかりお腹いっぱいになって食べれない

という事になるのを避けたいですね。

 

 

3番目にご飯などの「主食」です。

 

身体にとってのガソリンとなる炭水化物。

絶対に必要なのですが多過ぎると体脂肪になってしまいます。

最後に食べる事で食べ過ぎ防止にもなります。

 

 

 

③よく噛む/ゆっくり食べる


 

3つ目は「よく噛む/ゆっくり食べる」です。

 

よく噛んで食べれば、自然とゆっくり食べる事にもつながってきます。

 

よく噛むことで消化吸収を高め、食べ物がすりつぶされるので胃腸への負担を大幅に軽減します。

さらに、食欲抑制効果を期待できます。「満腹中枢」が刺激されて、食欲を抑制する効果のあるホルモンが分泌されるのです。そのため、食べ過ぎを防ぐことが出来ます。

 

満腹中枢が刺激されるまで時間がかかる為、早食いだと満腹を感じ前に満腹以上に食べてしまう恐れがあります。

ゆっくりと食べることで、適切な量で満足感を感じられるので食べ過ぎを抑えることが出来ます。

 

 

まとめ

 

①小皿に取り分けて食べる

 

②食べる順番を変える(副菜、汁物→肉、魚→ご飯)

 

③よく噛む/ゆっくり食べる

 

 

どれもすぐに出来る事だと思います。

即実践した方は痩せられますよ!

 

この記事に関連する記事一覧