豊洲 新浦安 ダイエット ボディメイク パーソナルトレーニング

豊洲・新浦安で唯一 30代からのボディメイク専門パーソナルトレーニング

好きな物を食べながらボディメイク【ラーメン編】

 


豊洲、新浦安、東新宿で活動している

ボディメイク・ダイエット専門

パーソナルトレーナーの上田拓真です。 

 

 

 

東京・千葉では雪が降りましたね。

 

朝起て窓を開けたら雪が積もっていて少しテンションが上がりました!

 

ただ、セッションの為に外に出たら寒さに驚きました。

 

 

こんな寒い日は暖かい食べ物が食べたくなります。

 

ラーメンとか!

 

 

ダイエット・ボディメイクを始めるとなると、このラーメンは控えたい食べ物です。

 

 

糖質、塩分が多くて、たんぱく質、食物繊維が少ないのでバランスの良い食事とは言えないからです。

 

 

では、ボディメイク・ダイエットを始めたらラーメンは食べられないのか、、、

 

と思っていた方に朗報です!

 

 

 

ラーメンを食べながらボディメイク・ダイエットは可能です!

 

 

食べ方やタイミングを工夫すれば食べても大丈夫です!

 

 

 

ラーメンの種類

 

 

 

ラーメンの味を大きく分けると

 

・しょうゆ

 

・しお

 

・とんこつ

 

・味噌

 

 

の4つになります。

 

(今は色んな味がありますが今回は一般的なこちらの4つで考えます)

 

 

 

どの味がボディメイク・ダイエットとして良いかと言うと、

 

 

どの味でもOK!

 

 

です。

 

 

 

せっかく楽しみのラーメンを食べるのに、我慢してカロリーの低いしょうゆやしおを選ぶより、好きな味を選んだ方が良いです。

 

 

 

 

ちょっとした工夫をする

 

 

 

ボディメイク・ダイエット中にラーメンを楽しむにはちょっとした工夫をしましょう!

 

ちょっとした工夫をするだけでラーメンがダイエット食に変わります!

 

 

麺を少なくして具を増やす

 

中華麺は1食で糖質が約70gとやや多いです。(白米茶碗1杯の糖質量は約50g)

 

麺を少なめにして糖質の量を抑えます。

 

 

それだと物足りなくなるので具をトッピングします。

 

 

チャーシューや卵を追加すればたんぱく質が増えて、ねぎやほうれん草などの野菜類を増やせばビタミンが摂取出来ます。

 

 

こうすると栄養のバランスがかなりとれるようになります。

 

 

 

スープを残す

 

ラーメン1杯にの塩分は5〜6g入っています。

 

厚生労働省は女性の1日の目標塩分量は7gとしています。

(WHOの目標塩分量は5g)

 

 

ラーメン1杯をスープまで飲み干すと、それだけでほぼ目標量になってしまいます。

 

 

塩分の過剰摂取はむくみにつながり、脚の太い原因にもなります。

 

塩分を取り過ぎない為にスープは飲み干さない方が良いですね。

 

 

 

食べるタイミング

 

 

 

 

ラーメンを食べたいけどボディメイク・ダイエット中はまた太ってしまうのではないか不安になりますよね。

 

 

そんな時は食べるタイミングを気をつければOKです!

 

 

 

オススメのタイミングは

 

「トレーニング前後」

 

 

 

トレーニング前に空腹であれば、ラーメンを食べることによって血糖値が安定し、トレーニングで力が出ます。

空腹で低血糖の状態でトレーニングを行うと、筋肉内の糖分(エネルギー)がないので、筋肉を分解して糖分を作ろうとします。

せっかくトレーニングをしているのに筋肉が落ちることになってしまうのです。

 

 

つまり、トレーニング前はラーメン(糖質)を食べた方が良いのです!

 

 

 

空腹で無い場合はトレーニングを行った後に食べるのも良いです。

筋トレで糖質を使った後は血糖値が下がるので、ラーメンで血糖を上げ、そこにチャーシューや卵などのたんぱく質を補給することによって筋トレ後の栄養補給はバッチリです。

 

 

 

今回はラーメンについて書きましたが、他の食べ物でも応用出来ます。

 

 

あなたも好きな食べ物を楽しく食べながらボディメイク・ダイエットをしませんか?

 

 

この記事に関連する記事一覧