豊洲 新浦安 ダイエット ボディメイク パーソナルトレーニング

豊洲・新浦安で唯一 30代からのボディメイク専門パーソナルトレーニング

お客様の変化 【姿勢改善、柔軟性向上】

 


豊洲、新浦安、東新宿で活動しているボディメイク・ダイエット専門パーソナルトレーナーの上田拓真です。 

 

 

 

姿勢改善、柔軟性向上をメインにトレーニングをしたA・I様の変化を紹介します。

 

 

年齢:63歳

性別:女性

住所:江東区

職業:主婦

 

 

 

 

重心位置が整い良い姿勢になりました。

 

ポッコリお腹も気にされていましたが、ー 4.5cmとスッキリしました。

 

カラダを持ち上げるような腹筋トレーニングは全くしませんでしたが、姿勢改善トレーニングでもお腹は凹みましたね。

 

 

 

 

長座体前屈はビックリするほど綺麗に曲げられるようになりました。

 

 

 

 

顔を隠しているのでわからないのですが、トレーニング前は頭が下を向いてキツそうなV字バランスでしたが、変化後は顔が上がり楽に姿勢をとれるようになっていました。

 

もも裏の硬さが影響して骨盤が後傾(丸まっている状態)していたのが、かなり前傾(骨盤が立った状態)することができました。

 

 

お客様はこちらの坐骨で立てられたV字バランスの写真がお気に入りで、とても喜んでいました。

 

 

 

 

大人になってから始めたバレエをもっと出来るようになりたい、その為に姿勢改善と柔軟性向上を目的としてパーソナルトレーニングを始められました。

 

 

 

姿勢、柔軟性ともに良い変化が出ましたね。

姿勢に関しては写真以上に良くなってと感じます。

 

 

4月末で東京を離れるのでパーソナルトレーニングは終了しますが、バレエやトレーニングは続けていくとおっしゃっていたのでとても嬉しいです。

 

 

A・I様

約4ヶ月お疲れ様でした!

猫背のデメリット、改善するメリット②

 


豊洲、新浦安、東新宿で活動している

ボディメイク・ダイエット専門

パーソナルトレーナーの上田拓真です。 

 

 

 

前回のブログでは猫背になる事のデメリットをお伝えしました。

(前回のブログはこちら)

 

 

今回は猫背改善する事のメリットをお伝えします。

 

 

 

猫背が改善するメリット

 

 

 

内臓が正しい位置に戻り機能が正常化して様々な悩みが解消!

 

姿勢が良くなると、内臓の位置が正しい位置に戻ります。

 

 

内臓は正しい位置にあると機能が正常になり、消化吸収がよくなって代謝が高まり、消化不良や便通の問題が解消されます。

 

 

 

腰痛や肩コリ解消で日々がラクに!

 

姿勢が整って頭がちゃんとカラダの真上にくれば首の負担は減ります。

 

背骨のS字カーブが安定すると腰への負担も減り、コリや痛みの問題も解決に近づきます。

 

 

 

背筋がピンの伸びて姿勢美人になる!

 

背筋が伸び、肩甲骨が正しい位置で維持できるようになると、シルエットがキレイに見えます。

 

同じ人でも、良い姿勢と悪い姿勢では魅力が全然違いますね。

 

 

 

バストUPで胸元に自信が出る!

 

背筋が伸びると、当然バストの位置も良くなってバストアップします。

 

 

鎖骨のラインも綺麗に見えて、いわゆるデコルテラインが美しくなります。

 

 

 

ぽっこりお腹解消でお腹をへこませないでデニムを楽しめる!

 

内臓が正しい位置に移動して下腹はすっきりします。

 

 

ぽっこりお腹が解消されて、腹筋のラインが欲しくなった方は食事改善で脂肪を減らして、腹筋トレーニングで筋肉をつけていきましょう!

 

 

 

気になる腰回りのお肉がすっきり!

 

腰回りのお肉が気になる方は多いです。

 

トレーニングとしてもアプローチしずらいこの部分は姿勢が整うとかなりすっきりしてきます。

 

 

 

歩くだけでヒップアップ、脚痩せしていく!

 

骨盤の向きが丸まった状態(後傾)から骨盤が立った状態(前傾)になりお尻の位置が上がり、ヒップアップします。

 

そして、歩くときに太ももでなく胸の上部や体幹で重心を支えることができるようになるため、太ももの前側にかかる負担が減ります。

 

ヒップを使って動くことが出来るようなるため、ヒップアップ、脚痩せが期待できます。

 

 

 

姿勢の方程式

 

 

 

 

姿勢は「筋肉の長さ」がとても関係しています。

 

 

猫背は、胸やお腹の筋肉が縮み、背中の筋肉が伸びた状態です。

 

 

この筋肉の長さを整えるのが猫背改善になります。

 

 

筋肉の長さはある法則で出来ています。

 

それは、

 

『姿勢×時間』

 

です。

 

 

良い姿勢になるには、良い姿勢を長い時間キープする事が重要という事です。

 

 

ただ、猫背の人が良い姿勢をするとしんどく感じますよね。

 

 

しんどく感じるのは、猫背の時に力が出る(ラクに感じる)筋肉の長さになってしまっているからです。

 

 

良い姿勢の時間を長くして、良い姿勢で力が出る(ラクに感じる)筋肉の長さにならない限りいつまでも猫背は良くなりません。

 

 

 

最初が一番大変ですが、徐々に良い姿勢がラクに感じてきます。

 

 

 

良い姿勢がラクになる為に筋トレはとても有効です。

 

 

筋トレだけで良い姿勢にはなりませんが、良い姿勢を作りやすいカラダにする事は出来ます。

 

 

あとは良い姿勢を出来るだけ長くキープする事です。

 

猫背のデメリット、改善するメリット①

 


豊洲、新浦安、東新宿で活動している

ボディメイク・ダイエット専門

パーソナルトレーナーの上田拓真です。 

 

 

 

寒くなってくるとカラダを丸めたくなりませんか?

 

 

なぜ丸めたくなるかというと、カラダを丸めると体表面積が少なくなります。

 

 

体表面積が少なくなると、外気と触れる部分が減るので寒さが和らぐのです。

 

 

しかし、この丸めたカラダはいわゆる「猫背」の姿勢となり、ボディメイク・ダイエットにとってはマイナスな姿勢となります。

 

 

 

猫背だとボディメイク・ダイエットにとってどんなデメリットがあるのか、そして、猫背を改善するとどんなメリットがあるのかお伝えします。

 

 

 

ボディメイク・ダイエットから見た猫背のデメリット

 

 

 

太りやすくなる

 

猫背姿勢になっているときは、正しい姿勢でいるときと比べて姿勢を保持するために必要な腹筋や背筋をきちんと使っていません。

筋肉を使っていないとう事はエネルギー消費が減ってしまいます。

 

また、猫背になると呼吸が浅くなるうえに血行が悪くなり、代謝が低下して太りやすくなってしまうのです。

 

 

 

むくみやすくなる

姿勢が悪いと筋肉が使われず硬くなり、血行やリンパの流れが悪くなります。

それによって水分の流れも滞って、顔や足などがむくみやすくなります。

 

血行が悪くなれば冷えにもつながってしまいます。

 

 

 

ぽっこりお腹

 

猫背になると腹筋が衰えて、内臓が徐々に下に落ちてしまい下っ腹がぽっこり出てしまいます。

 

下っ腹が気になっている方は腹筋トレーニングばかり頑張るより、猫背を改善する方が早く下っ腹がへこみますよ。

 

 

 

内臓機能の低下

 

内臓の位置が正しい位置からずれると、内臓の機能が低下して、消化不良や便秘などの不調をもたらしてしまいます。

 

 

 

肩コリ・腰痛

猫背になると肩や腰の筋肉が不自然な状態をキープすることになり、痛みが出やすくなります。

血行も悪くなるので疲労物質が溜まりやすく、肩コリや腰痛が治りにくいカラダになってしてしまいます。

 

 

 

バストダウン

前傾の姿勢になることで胸の筋肉が衰え、バストが垂れやすくなります。

それに加えてバスト自体にも重力がかかりやすくなるので、形崩れにつながってしまいます。

 

 

 

見た目が悪い

 

綺麗なボディラインになって「素敵!」「良いスタイル!」と言ってもらいたいのに、いくら痩せても猫背では見た目で大きな損をしていまいます。

 

「老けて見える」

 

「暗そう」

 

「疲れたように見える」

 

このような印象を与えてしまいます。

 

 

 

猫背を改善するメリットもお伝えしようと思っていましたが、長くなってしまうので次回お伝えします。

 

 

スマホはボディメイクの敵になる!?

 


豊洲、新浦安、東新宿で活動しているボディメイク・ダイエット専門パーソナルトレーナーの上田拓真です。 

 

 

 

日常生活で必ずといっていいほど、ほとんどの人が毎日操作するのがスマホです。

 

 

 

このスマホの使い方でカラダに与える影響が変わってきます。

 

 

ご自身でのトレーニング、そしてパーソナルトレーニングで手に入れた良い姿勢を、日常生活で崩れないようにするために、スマホが与える影響についてお伝えしたいと思います。

 

 

スマホ利用時間が長くなっている

 

 

 

スマホ利用時間はどんどん増えていて、10代〜50代までの全ての世代で1日の利用時間が3時間を超えているようです。

 

 

10代、20代の方がスマホを長く使っているイメージがありますが、40代や50代もほとんど変わらないくらい使っています。

 

 

 

スマホを使う時はほとんどの方が猫背のような悪い姿勢になっています。

 

 

悪い姿勢の状態が長ければ長いほど、その姿勢がカラダに染みついてしまい、姿勢の悪い、ボディメイク・ダイエットにとってマイナスなカラダが出来てしまいます。

 

 

 

カラダに悪い「ながらスマホ」

 

 

 

 

座りながらのスマホ

 

座りながらのスマホ操作で起こりやすい姿勢は、

 

・骨盤が後傾して、背中が丸まって猫背になる

 

・頭が前に出る

 

 

これによってカラダは、

 

・背中や首回りの筋肉に負担がかかり、

肩こり・首こり・頭痛の原因になる

 

・骨盤、股関節が歪み、お腹もたるみやすくなる

 

などが起こる原因になります。

 

 

歩きスマホ

 

歩きスマホは、首・肩への負担とともに、太ももに負担がかかることが大きなデメリットになります。

 

 

頭が出ていながら歩くことによって、骨盤・股関節の歪みが太ももにダイレクトに乗ってきます。

 

重心もつま先側にいきやすく、ペタペタ歩きになり太ももの筋肉ばかり使う事になってしまいます。

 

 

半身痩せや美脚にしたい場合にはあまり良くない状況になりますね。

 

 

カラダへのマイナス以外にも、人とぶつかるなどの危険がありますので、歩きスマホはしないに越した事はありません。

 

 

 

寝ながらスマホ

 

寝る間際にベッドの中で見るスマホは睡眠の質を落としてしまいます。

 

 

液晶の光の刺激が交感神経を優位にし、スムーズな入眠や深い睡眠を妨げてしまうからです。

 

 

目も疲れるので、首や肩の凝りにもよくないです。

 

 

就寝する1時間くらい前からスマホやPCなどの液晶は控えるのが理想です。

 

 

難しいとは思いますが、まずは意識してみましょう。

 

 

 

ボディラインを崩さないためのスマホ利用法

 

 

 

スマホを正しい姿勢で使うには、「目線の位置でまで上げて画面を見る」ようにします。

 

 

言葉では簡単に言えますが、実際にやろうとするとけっこう大変です。

 

 

私自身もスマホを見るときに良い姿勢で使用していることはまだまだ少ないです。

 

 

 

座ってスマホを見る時は良い姿勢を意識して、歩きスマホや寝ながらスマホは辞めるのが良いと思います。

 

 

歩きスマホに関しては危険ですので辞めないといけないですね。

 

 

 

まずは、

 

なんとなく見てしまうのをやめる、必要な時以外見ないようにする

 

と良いかと思います。

 

 

 

スマホが原因で姿勢が崩れると、ボディメイク・ダイエット成功は遠ざかっしまいます。

 

 

美しいボディラインを手に入れたい方はしっかり意識してください!