豊洲 新浦安 ダイエット ボディメイク パーソナルトレーニング

豊洲・新浦安で唯一 30代からのボディメイク専門パーソナルトレーニング

マッサージでは痩せません

 


豊洲、新浦安、東新宿で活動している

ボディメイク・ダイエット専門

パーソナルトレーナーの上田拓真です。 

 

 

 

前回のブログで、ボディメイク・ダイエットには凝りは良くないと書きました。

 

 

使い過ぎている筋肉の凝りをほぐして、使えていない筋肉を使いやすくする為にマッサージするのはありだと思っています。

 

 

しかし、痩せる目的でマッサージをしている方も少なくありません。

 

 

痩せる目的でマッサージを受けている方に声を大にして言いたいです。

 

 

 

『はっきり言って、マッサージで痩せることはありません!!』

 

 

 

マッサージで痩せます

 

 

 

??

 

直前に痩せないと言っているのに痩せるって意味わからないと思います。

 

 

マッサージでも痩せますよ。

 

 

一瞬だけですが。

 

 

広告などで、太ったビフォーと施術後の細くなったアフターの写真を見た事があるかと思いますが、あれはマッサージで水分が移動しているだけです。

 

 

これは一時的なものです。

 

 

早ければ数時間で、遅くても1日でまた元に戻ります。

 

 

 

体脂肪は、身体を動かして、燃焼して消費することで水と二酸化炭素になって減っていきます。

 

 

エステなんかではよく「脂肪揉み出し」なんていうメニューでマッサージをしているものもあったりします。

 

 

 

マッサージされた部位が一時的に細くなる事は確かにあります。

 

しかし、マッサージで脂肪が揉み出され流れて無くなるなんてことはありません。

 

 

 

マッサージは痩せる為に受けるのではなく、リラックスの効果を求める方には良いと思います

 

 

 

ダイエットしたい方は騙されないようにしましょう!

 

 

 

 

血流改善とダイエット

 

 

 

マッサージをすると、血流が良くなって、脂肪燃焼効果があるという話しを聞いたことはありませんか?

 

 

 

体脂肪は、血中に溶け出し身体を動かし使うことにより、消費され減っていきます。

 

 

 

血流が良くなれば、脂肪が血中に溶け出しやすくはなりますが、

脂肪が血中に溶け出しても使わなければ減りません!

 

 

 

マッサージで血流が改善されても、身体を動かして消費しなければ、脂肪はまた元に戻ってきて、ダイエット効果はありません。

 

 

 

受け身ではカラダは変わらない

 

 

 

 

マッサージ、ペアストレッチなど受け身の方法では、一時的な改善は出来てもすぐに元に戻ってしまいます。

 

 

なぜか?

 

脳がそういう仕組みを持っているからです。

 

 

自分の脳を使ってカラダを動かす事が、あなたのカラダを変える為には必要なのです。

 

 

 

姿勢改善ベルトでは、そのベルトをしている最中は良い姿勢ですが、外せば猫背のままです。

 

 

一生ベルトをするのであればそれを使い続ければ良いですが、本当に猫背を改善したければ、固くなっているところはストレッチやマッサージでほぐし、筋トレをした方が変わります。

 

 

 

そして、痩せたければマッサージではなく、食生活の改善と運動です。

 

 

「マッサージで楽に痩せよう!」

 

「簡単〇〇ダイエット」

 

 

このようなモノに手を出しては時間とお金をムダにして欲しくありません。

 

 

 

食生活の改善と運動の当り前の事が一番効果があるんです。

 

 

 

「楽に」「簡単に」痩せられたらみんな痩せていると思いませんか?

 

 

 

多くの方は薄々気づいているのではないですか?

 

 

 

それでも、新しい楽なダイエット情報に目が眩んで騙されてしまいます。

 

 

 

「楽に痩せる」「簡単〇〇ダイエット」と謳う広告やトレーナーをよく見ますが、あなたはくれぐれも気をつけてくださいね!

 

 

痛み、凝りはボディメイクの敵

 


豊洲、新浦安、東新宿で活動しているボディメイク・ダイエット専門パーソナルトレーナーの上田拓真です。 

 

 

 

私のお客様は見た目を綺麗にしたい、痩せたいという方がほとんどです。

 

それと同時に腰痛や首痛など、特定の部位に痛みがあったり、その周囲がパンパンに張っているという状態に悩まされている方が非常に多いです。

 

痛みや凝りを取り除く事は、綺麗なボディラインを手に入れる為にはとても大切になっていきます。

 

 

筋肉が痛んだり、凝ったりする理由はたくさんありますが、代表的な2つを紹介します。

 

 

①サボり魔と頑張り屋さん

 

 

 

 

痛みや凝りがあるのは、その筋肉が頑張り過ぎているからです。(過緊張)

 

 

なぜ頑張り過ぎるかというと仕事をサボる、サボリ魔がいるからです。

 

 

 

痛みがあったり凝っている部位は過緊張の状態で、辛いので揉んだり軽く叩いたりして、少しでも楽になるようにします。

 

 

しかし、揉んだり叩いたりしても、サボって働いていない筋肉がちゃんと働かないと本当の意味で良くはなりません。

 

 

これを会社での仕事を例にすると、

「全く仕事をしていないAさんの代わりに、Bさんが一人が頑張って、必死に仕事をこなしている」状態で、頑張って働いているBさんのところにいって、肩を揉みながら「ちょっと楽になったでしょ?引き続き頑張ってね」と言っている感じです。

 

 

想像するとゾッとしますね。

 

 

この会社はBさんにとっては完全にブラック企業ですね。

 

 

頑張って働いている人を楽にしてあげるなら、働いていない人を働かせるようにすることが大切です。

 

 

 

サボっているAさんは「インナーマッスル」

と言います。

 

頑張り過ぎているBさんは「アウターマッスル」と言います。

 

 

 

それぞれ役割が違っていて、簡単に言うと、

 

○インナーマッスルは関節を安定させる役割

 

○アウターマッスルは関節を動かす役割

 

となります。

 

 

 

インナーマッスルが働かないと関節が安定せずズレてしまい、関節周囲にストレスがかかってしまいます。

 

 

そうすると関節の周囲にあるセンサーが反応し、脳に向かって「関節ズレているから危ないよ」と報告が入ります。

 

 

 

報告を受けた脳は、その部位周辺に対し「関節がズレてるみたいだから何とかしてね」というとてもアバウトな指令を出してしまうのです。

この時、肝心なインナーマッスルが何らかの理由で働いてくれない状態になっているので、この脳からの指令に対して反応するのは周囲のアウターマッスルになってしまいます。

 

 

しかし、アウターマッスルは、関節を安定させる機能は持っていないため、どんなに頑張っても、どうしても関節はズレて動いてしまいます。

 

 

そのため、

『関節ズレる→センサー反応→脳が周辺組織に命令→インナーがサボるのでできない仕事をやらされ続けるアウター→過緊張でパンパンに張り続ける』の悪循環は終わることなく繰り返されてしまうのです。

 

 

 

パンパンに張っている筋肉を「弛める」ことも大事ですが、『働いていないインナーマッスルがちゃんと働けるようになる』というアプローチをしていかないと、根本改善しないことが解ると思います。

 

 

サボリ魔と頑張り屋さん②

 

 

 

同じタイトルになってしまいました(^^;

 

 

ですが、中身は違います。

 

 

先程は自分の役割とは違う事をして過緊張になってしまうという事でしたが、

もう一つの原因は、同じ役割の筋肉の中で、ある筋肉が働いていないから、他の筋肉が頑張ってしまい、その筋肉が緊張してしますパターンです。

 

 

 

例えば太ももを上げる動き(股関節屈曲)で考えると
・大腿直筋
・腸腰筋
・大腿筋膜張筋
・縫工筋
などが同時に働くようになっています。

これらの筋肉がバランスよく働くと、特定の筋肉が過緊張などおきないのです。

 

 

しかし、どれかがサボりだすと他の筋肉が頑張らないといけなくなります。

 

 

例えば「腸腰筋」がサボリ魔になってしまったとします。

 

「腸腰筋」が働かない分を他の筋肉が頑張って腸腰筋の分も働きます。

 

 

「大腿直筋」「大腿筋膜張筋」「縫工筋」などが代わりに働き過ぎて、過緊張を起こすことが多いです。

働き過ぎている大腿直筋や大腿筋膜張筋が筋肉太りを起こして、太腿の前側や外側が盛り上がり、脚の形が悪くなってしまうというわけです。

 

 

綺麗なボディラインを手に入れるには痛み、凝りを根本から改善していきましょう!

 

ストレスを食べる事で発散しているあなた

 


豊洲、銀座、東新宿で活動しているボディメイク、ダイエット専門

パーソナルトレーナーの上田拓真です。

 

 

 

いきなりですが、あなたはストレスを感じていますか?

 

 

 

ストレスを全く感じていない方もいますが、どちらかというと感じている方のほうが多いのではないか思います。

 

 

 

ストレスと健康

 

 

ボディメイクやダイエットをするにはまず「健康」でなくては効果が出にくくなります。

 

 

 

ましてや、健康を害してまでやるボディメイク、ダイエットは考えられません。

 

 

 

あなたにとって健康とは何でしょうか?

 

 

 

人によって「健康」に対する考え方が違います。

 

 

 

健康診断に引っかからないなら健康という方もいれば、運動しているから健康だという方もいると思います。

 

 

 

その考え方が正しいとか、間違っているということでもありません。

 

 

 

世界保険機関WHOでは「健康」を下のように定義しています。

 

 

 

『健康とは、病気でないとか、

弱っていないということではなく、

肉体的にも、精神的にも、

そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。』

 

 

 

身体だけでなく、精神的な部分も社会的な部分も健康には関係してきます。

 

 

 

大量のタバコやアルコールの飲み過ぎなどの不摂生で病気もなることも考えられます。

 

 

 

ストレスが溜まることで病気になることもありえます。

 

 

 

原因はひとつではないし、逆に言えば原因はどこからでも考えられます。

 

 

 

健康を手に入れるにはストレスがかからない環境に身を置くことがベストだと思いますが、その環境が手に入れることが難しいことはよくわかっています。

 

ストレスがかかるなら、発散するしかありません。

 

 

 

ストレス発散方法

 

 

 

ストレスが溜まったら発散しましょう。

 

 

 

発散方法はいろいろな方法がありますが、ボディメイク、ダイエット的に避けたい解消法が、

 

 

「食べて発散する」ことです。

 

 

好きなものや甘いものを食べると、幸せホルモンと言われるセロトニンが分泌されてストレスが解消されます。

 

 

 

しかし、ボディメイクを頑張っているあなたにとっては過食や余分な糖質はマイナスですよね。

 

 

 

食べる事でストレスを解消していては、いつになっても理想のカラダにはなれません。

 

 

 

他の方法でストレス発散をする必要があるのです。

 

 

 

人によって、趣味や嗜好は違うので、

いろいろ試してストレス発散出来る事を見つける事が大切です。

 

 

・運動

・友人とおしゃべり

・映画鑑賞

・お風呂に入る

・寝る

・買い物

・動物と触れ合う

・マッサージ

・岩盤浴

・カラオケ

・塗り絵

・写経

 

などなど

 

 

 

手軽に出来るものからガッツリ発散出来るものまで、いくつか用意しておくと良いと思います。

 

 

 

ちなみに、私はストレスをほとんど感じませんが、寝るかお笑い番組を見て発散しています。