豊洲 新浦安 ダイエット ボディメイク パーソナルトレーニング

豊洲・新浦安で唯一 30代からのボディメイク専門パーソナルトレーニング

筋トレの効果はたくさん!

 


豊洲、銀座、東新宿で活動しているボディメイク、ダイエット専門

パーソナルトレーナーの上田拓真です。

 

 

 

ダイエットやボディメイクのため、日々の生活に「筋トレ」を取り入れている人も多くなっいます。

 

 

フリーウエイトエリア(ダンベルやバーベルが使えるエリア)でも女性がトレーニングしているのを良く見かけます。

 

 

筋トレには引き締まったカラダをつくること以外にも嬉しい効果がたくさんあります。

 

今回は、筋トレすることで手に入るダイエット以外の効果についてです。

 

 

代謝を高め、生活習慣病予防

 

 

筋トレ中に筋肉を動かす為の主なエネルギー源は糖質です。

 

 

筋肉量が増えると糖の代謝が高まり、エネルギーを消費しやすいカラダになります。

 

 

筋肉を動かさないでいると、糖が使われないので血液内の糖が増え、高血糖になり、体脂肪の蓄積や血管の老化、糖尿病や心臓病などの生活習慣病のリスクを高めます。

 

 

筋肉を鍛えて増やしていくと、糖代謝がアップして、肥満、糖尿病などの生活習慣病を予防することができます。

 

筋トレで太りにくく健康的なカラダを作りましょう。

 

 

 

脳の機能がアップ

 

 

筋トレは脳にも嬉しい効果があります。

 

 

筋トレをする事で脳を活性化し、記憶力を高めます。

 

 

筋トレした人としてない人では10〜50%も記憶力が上がったというデータもあります。

 

また、筋トレをすると様々な物質を分泌してストレスを解消する力があります。

 

セロトニンの分泌が増えることからうつ病を改善する効果があることが分かっています。

 

クライアント様でも、『身体を動かすと気持ちがいい』『スッキリする』と言う方は多く、実感されてます。

 

筋トレを習慣化することで、心身ともに健やかな状態を保てるようになります。

 

 

 

成長ホルモンの分泌量をアップ

 

筋トレをすると成長ホルモンの分泌量が増えます。

 

 

成長ホルモンの分泌量が増えると、脂肪を燃焼させるはたらきが高まり、太りにくくリバウンドしにくいカラダを作ることがです。

 

 

若返りホルモンとも呼ばれているので、アンチエイジングにも大きな効果が期待出来ます。

 

 

成長ホルモンの効果としては、
・筋肉の成長促進
・脂肪の燃焼促進
・骨の強度維持、骨粗鬆症の防止
・記憶力の向上、疲れ、やる気の低下防止
・免疫機能の維持

 

 

筋トレせず食事制限だけでダイエットしている方はもったいないですよ。

 

若々しく健康で理想のカラダを保つためにも、エネルギーを消費しやすいカラダ作りにも、筋肉が必要不可欠です!

 

 

ぜひ筋トレを始めてみてください。

 

やり方がわからないときは近くのパーソナルトレーナーに聞いてトライしましょう!

 

便秘に悩んでいるあなたへ②

 


豊洲、門前仲町、東新宿で活動しているボディメイク、ダイエット専門

パーソナルトレーナーの上田拓真です。

 

 

前回のブログでは、なぜ女性が便秘になりやすいのか、そして便秘の種類についてお伝えしました。

 

 

今日は食事の改善やトレーニングによって解消出来る機能性便秘について特徴と解決方法をお伝えします。

 

 

『機能性便秘』も3つに分けられます。

 

 

・弛緩性便秘

 

・痙攣性便秘

 

・直腸性便秘

 

 

それぞれの特徴と解決方法をお伝えします。

 

 

弛緩性便秘の特徴と解決方法

 

日本人ではこの便秘の人が一番多いです。

 

特徴は、お腹が張っているのに便意を感じず便が出ません。出たとしても残便感が残り、水分が失われてコロコロした状態です。

 

 

原因は、蠕動(ぜんどう)運動が弱いことです。

 

 

主な理由はこちら。

 

・筋力の低下

 

・内臓の下垂

 

・運動不足

 

・食物繊維量、食事量、水分量の不足

 

 

解決方法は蠕動運動を良くすることをすることです。

 

■腹筋をつける為に腹筋の筋トレをする。

 

■便の量を増やす為に3回の食事をしっかり食べ、食物繊維、水分を積極的に摂る。

 

■朝起きて水を1杯飲むと胃腸が刺激されて動きが活発化させる。

 

 

 

痙攣性便秘の特徴と解決方法

 

特徴は、腸が活発になり過ぎることにより便秘と下痢が交互に起こりやすくなります。痛みを伴い、コロコロした硬い便になります。

 

 

原因は、精神的ストレスによる自律神経の乱れです。

 

・不規則な生活

 

・生活環境の変化

 

・人間関係

 

といった原因があげられます。

 

 

解決方法は、

 

■ストレッサーをなくす

 

■ストレスを解消する(解消方法を見つける)

 

■規則正しい生活習慣にする

 

 

便秘解消によく聞く食物繊維ですが、痙攣性便秘の方は注意してください。

腸を刺激する不溶性食物繊維は少なくして、水溶性食物繊維を積極的に摂るようにしてください。

 

また、ストレス発散を食べることで行っている方は他の方法を見つけた方が良いですね。

 

 

 

直腸性便秘の特徴と解決方法

 

特徴は、直腸まで便が来ているのに便意が起こりません。残便感が強く、いきまないと排便出来きません。

 

 

主な原因は、我慢です。

 

直腸まで来れば便意を感じるですが、色んな理由で我慢することが多くなると直腸に来ても便意を感じにくくなります。

 

 

解決方法は、

 

■水分量を増やし、水溶性食物繊維を積極的に摂る。

 

■毎朝出なくてもトイレに行き、排泄リズムを作るようにする。

 

 

 

腸内環境を整えることはダイエット、ボディメイクには大切なことです。

便秘であることが当たり前だと思わずに、自分にあった方法で改善を目指してみてください。

 

腸が整うと肌の調子も良くなりますよ!

 

便秘に悩んでいるあなたへ①

 


豊洲、門前仲町、東新宿で活動しているボディメイク、ダイエット専門

パーソナルトレーナーの上田拓真です。

 

 

突然ですが、あなたは便秘に悩んでいませんか?

 

便秘が日常化し過ぎて、便秘を甘く考えている方が多いです。

 

もしかすると大腸ガンや卵巣腫瘍が原因で便秘になっている事もあるので注意が必要です。

特に女性は便秘になりやすく、なぜなりやすいのか原因もわかっています。

 

 

なぜ便秘の話をするかと言うと、腸内環境が悪いとボディメイクの効果が下がってしますからです。

便秘を解消することはボディメイクにつながります。

 

 

 

そして、便秘になる代表的な4つの原因がこちらです。

 

・ホルモンの影響

 

・筋力不足

 

・過度なダイエット

 

・我慢

 

 

 

ホルモンの影響

 

生理前になると毎回便秘になるという方は、少なくないと思います。

 

これは女性ホルモンの一種「黄体ホルモン」(プロゲステロン)の影響です。

 

黄体ホルモンは腸の蠕動(ぜんどう)運動を弱める性質があるため、これが多く分泌される生理前は便秘になる方が増えます。

 

 

 

筋力不足

 

一般的に女性は男性よりも筋力が低いです。

 

腹筋は腸の蠕動運動をサポートするので、腹圧(腹筋力)の弱さは、排便時のいきみの弱さにつながります。そのため、女性は便秘になりやすいというわけです。

 

 

 

過度なダイエット

 

ここでのダイエットは「食事制限」の事です。

 

運動を主体としたダイエットであれば、むしろ便秘解消の効果も期待できますが、行なった事があるダイエットといえばやはり食事制限の方が多いと思います。

 

食事制限すると、食べる量が減るので必然的に便の量も減ることになり、排便の習慣がなくなってしまいます。排便の頻度が減るのが後に便秘となり、慢性化していきます。

 

 

 

我慢

 

女性は男性に比べると、周囲の目が気になってしまいトイレに行きにくく、我慢してしまう人が多いようです。

 

特に外出中や人と会っている間はトイレに行けない、という方もいると思います。

 

便意を我慢していると、体はどんどん便を溜めている状態に慣れてしまい、自然な排便ができなくなる可能性があります。

 

 

 

便秘の種類

 

「便秘」と言っても自分がどんなタイプの「便秘」なのか知らない方が多いです。

まず、便秘は大きく分けて2種類あります。

 

『機能性便秘』と『器質性便秘』です。

 

『機能性便秘』は生活習慣により腸の機能低下が原因です。

 

『器質性便秘』は病気が原因となります。

 

 

トレーナーの目線から『機能性便秘』をフォーカスして次回のブログでお伝いします。